すべての人々に、力を。

エファジャパン新事務局長からのご挨拶

2020年4月15日  エファジャパン

2020年4月1日。エファジャパン事務局では、新事務局長が就任しました。新事務局長からみなさまへご挨拶です。

 

 日頃よりエファジャパンの活動にご理解、ご協力をいただき誠にありがとうございます。2019年度第5回理事会の承認を経て、4月1日より事務局長を就任いたしました関 尚士(せき ひさし)です。設立から15年の節目を迎え、新たな一歩を踏み出し始めたエファジャパンとともに、その使命である「すべての子どもが生きる力を存分に発揮できる社会」の実現に向けて挑戦して参りたいと思います。  在学時代に出会った方とのご縁で国際協力の世界に飛び込んだのが今から30年前の1990年、東西対立と冷戦が終結した直後でした。その後経済のグローバル化が急速に進みはじめ、地域紛争や対テロ戦争が激発。2000年代半ばには、難民となり祖国を追われた人々の数が史上最悪の数を記録し、時を同じくして日本国内では子どもの貧困問題が取りざたされ始めました。もはや開発途上国だけの問題でなく、世界全体の脅威ともなる課題が足元でも広がり始めていることを感じ、個人的にも考えを新たにしたことを記憶しています。  一人ひとりがほんの少しでも他に想いを寄せ、敬い、認め合うことこそ、真に豊かな成長を、共に生きる社会の実現を叶える唯一の道であると信じています。質の高い支援を届けるにとどまることなく、NGOの存在意義が人々の心に橋を架けていくこと、新たな社会価値を創造していく役割であることを改めて胸に刻み、役員、事務局メンバーともども力を尽くして参る所存です。  引き続き皆さまのご支援、応援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。 2020年4月1日 特定非営利活動法人エファジャパン 事務局長 関 尚士 ※島村昌浩前事務局長は、海外支援事業担当となります。

ページトップへ