エファジャパン

寄付で応援

伝える・広める

⾃分にできることを
⾒つけて⽀える

お⾦の「寄付」や「ボランティア」は
難しいけれど、
アジアの⼦どもたちを
応援したいという気持ちはある。

もっと簡単なことなら、
⾃分も協⼒したい!
そんな⾵に思って下さる⼤勢の皆さま
参加いただける⽀援の
かたちがあります。

知る
伝える
つなげる
広める

それは、友だち、家族、まわりの⼈たちに、アジアの⼦どもたちやエファのことを伝え、広めること。アジアの⼦どもたちの現状や問題を知る⼈を増やし同じ思いを抱く仲間を増やしていくことです。

⼈の考え⽅や⾏動が少しずつ変わることで、コミュニティや地域、そして⽇本も世界も変わってきます。周りに伝えるなら、その前に、もっとアジアの⼦どもたちのことや課題について知りたい!という⽅のための「機会」もご⽤意しています。

現状や課題、活動を知り、
伝え、広めることで
世界が変わる。

思いをつなげ、その輪を
⼤きくすることで
⼦どもたちを⽀える。

⾃分にできることを
⾒つける

エファやユースチームの
イベントに参加する

アジアの⼦どもたちと教育や福祉における課題、エファの活動について知りたいという⽅はぜひご参加ください。年間を通じて、さまざまなイベント(オンライン・オフライン)を開催しています。

イベントを見つける

エファやユースチームと
イベントを開催する

会社や組合などのイベント、学校の⽂化祭、地域活動等で、アジアの⼦どもたちの現状を周囲に広く知らせていただけませんか?パネルや資料の貸し出し、協働によるオリジナルなイベント作り、オンラインで現地とつないだオンラインツアーなどお気軽にご相談ください。

問い合わせ

エファやユースチームから
講師を呼ぶ

学校の授業や市⺠の⽅向けの講座、企業・団体などでの研修や勉強会などで、アジアの国々での⽀援活動などに関する講演も⾏っています。お気軽にお問い合せください。(対象やテーマなど既に決まっている場合は併せてお知らせください)

問い合わせ

希望されるテーマをお伝えください。
(テーマ例)⼤⼈、⼦ども、⼩・中・⾼・⼤学⽣、親⼦むけなどそれぞれ可能です。

  • カンボジア、ラオスの⽣活と⽂化
  • 学校に通えないカンボジアやラオス、アジアの⼦どもたち
  • ⾝体的障害と多様性を認める社会
  • エファの⽀援活動や国際協⼒全般
  • NGOで働くということ など

そのほかご希望がございしたら、ご相談ください。

エファ広報誌「えんぱわ」や
パンフレットを置く

学校や会社、各種施設のコミュニティースペースや隙間スペースに、広報誌「えんぱわ」やパンフレットをおいていただくことも活動を⽀援いただくことにつながります。現在1年に4回発⾏している「えんぱわ」では、国際協⼒やアジアの⼦どもたちの様⼦や取り巻く課題、現地の⼈々のローカルな⽂化や⽣活、⾷べ物、エファの⽀援活動などをご紹介しています。関⼼や親しみを多くの⽅にもっていただくためにご協⼒ください。

問い合わせ・申し込み

学校や職場にエファリサイクル募⾦「ぐるりと。」のポスターを貼る、チラシ、書き損じハガキの回収箱を置く

ご家庭や職場で不要なモノがアジアの⼦どもの⽀援になる、エファジャパンリサイクル募⾦「ぐるりと。」のポスターを学校や職場に貼ったり、チラシや回収箱をおくことで、より多くの⽅々に、困難な状況にあるアジア⼦どもたちを知っていただく機会、そして彼らを応援いただく機会を届けていただけませんか?

問い合わせ・申し込み

エファグッズやフェアトレード
グッズを購⼊する、広める

サステナビリティに配慮したラオス、カンボジアのアジアンなフェアトレード商品(雑貨など)や団体ロゴなどの⼊ったエファグッズ(トートバックやブリーフケース)販売も⾏っています。学校や職場などでのイベントでの販売や参加者への記念品として、ご活⽤いただくことを通じたご⽀援のかたちです。

問い合わせ・申し込み

SNSを活⽤して応援する

⽀援活動やアジアの⼦ども達の近況、⽿寄りな最新情報などをタイムリーにお伝えするため、エファでは現在、以下SNSの運⽤を⾏っています。

アカウントへのいいね!やフォロー、記事へのコメントやシェア(拡散)というかたちでご⽀援ください!