すべての人々に、力を。

国立幼稚園教員養成学校で保育技術指導

2014年5月22日  エファジャパン

今年も4月25日から5月7日まで、カンボジアの国立幼稚園教員養成学校で、保育士の荒川さんが訓練生を対象に保育技術の指導を行いました。

1年生には例年通りパネルシアターを、2年生には今年はエプロンシアターではなく、いつでも子どもの関心をひきつけることができる小道具として軍手を使った指人形の制作を指導しました。

荒川さんの指導は養成学校の正規の授業として組み込まれていて、午前3時間と午後3時間、昼休みをはさんで午前8時から午後5時まで実施されます。

エファジャパンは、荒川さんのボランティア活動を応援しています。

photo_left photo_right

ページトップへ