すべての人々に、力を。

近畿地連の国境地帯寺子屋支援

2013年12月5日  エファジャパン

 自治労近畿地区連絡協議会(近畿地連)の60周年記念国際協力事業として、カンボジアとタイとの国境地帯にある寺子屋教室13カ所の900名近い子ども達に国語と算数の教科書を支援していただきました。12月2日、近畿地連の25名が寺子屋教室2カ所を訪問し、支援の確認をしました。

 これまで教科書はボランティア教員の手元にあるだけでした。今回配布した教科書は、生徒に支給したのではなく、教室に備え授業中のみ使用するかたちにしましたが、授業の効率は格段に良くなりました。

 また、和歌山県公営競走労働組合解散に伴う財産処分の一環としていただいたご寄付を使って、登録児童全員にノートや鉛筆などの学用品も支給したため、近畿地連メンバーの和歌山県本部の方々にも支援の確認をしていただきました。

ページトップへ