すべての人々に、力を。

【ラオス】大雨の被災者のために衣服などを寄贈しました

2020年10月22日  エファジャパン

ビエンチャンレスキュー協会のスタッフに寄贈品を手渡す、エファ現地事務所スタッフ、ソンパン(右)

甚大な被害が出ているサワンナケート県の状況(ビエンチャンレスキュー協会撮影・提供)

エファジャパンが支援するベトナム、ラオス、カンボジアの各国で、10月上旬より大雨の被害が続いています。
ベトナム政府によると、10月15日時点で被害は中部を中心に死者40人、行方不明者8人、倒壊家屋585棟、損壊家屋13万5731棟に上っています。またラオスでは、10月20日までに南部サワンナケート県の15郡のうち8郡が水害の被害を受けていて、125村(5,130世帯)が水没、29,000人が被害を受けています。カンボジアでは、10月18日時点で、少なくとも24人の死亡が確認され、住宅などおよそ6万棟が浸水し、26,000人余りが避難生活を余儀なくされているということです。

10月21日、エファ・ラオス事務所は、サワンナケート県の洪水の被災者支援を行っているビエンチャンレスキュー協会(Vientiane Rescue Association)に、これまでに自治労各県本部や単組の皆様にご寄付いただきました以下の物品を寄贈しました。
・Tシャツ:56枚
・子ども用の服
・絆創膏:4,000枚
ご寄付いただきました皆様に心より感謝いたします。
尚、エファが支援するカンボジアの児童保護施設や、ラオスの小学校、図書館などからは、現在までのところ、甚大な被害は報告されていません。

各国で亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害を受けている方々が一日も早く、安心して生活できるようになることをお祈りします。

ページトップへ