すべての人々に、力を。

【ラオス】「国際識字デー」のイベントが開催されました

2020年10月7日  エファジャパン

「国際識字デー」のイベントを楽しむ参加した児童たち

9月8日。ラオスの首都ビエンチャンにあるラオス国立図書館のホールで、「国際識字デー」のイベントが開催されました。「国際識字デー」は、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)が1965年に宣言、制定した国際デーの一つです。文字の読み書きの重要性を世界中の人々が理解し、識字率を向上させることを目的として、様々な国や地域でイベントが開かれます。

この日のイベントには、国立図書館周辺にある5つの小学校に通う150人の児童と教員が参加し、本の読み聞かせやゲーム、紙芝居や寸劇などを楽しみました。イベントの最後には、参加した児童が通う小学校に、国立図書館から本や文房具が贈呈されました。エファジャパンもこのイベントの開催を支援しました。

このように言葉を楽しむ機会を通じて読書の楽しさを知ってもらうことが、読書習慣をつける最初の一歩になります。

ページトップへ