エファジャパン

寄付で応援

ニュース

2015.02.12 更新

自治労神奈川県本部がカンボジアを訪問

自治労神奈川県本部の11名様が、2月11日にプノンペン市内センソクのスラム再定住地にある寺小屋教室とSCADPの児童保護施設を訪問いたしました。
寺子屋ではそこで行われている授業の見学をした後、日本からお持ちより頂いた遊具を使用して子ども達との交流を深めました。
これらの遊具に併せて、文房具の寄贈も頂きました。
児童保護施設では子どもたちによる民族舞踊を鑑賞した後、参加メンバーによる「ようかい第一体操(妖怪ウォッチ)」の披露がありました。
子ども達も見よう見まねで体操に参加していました。
自治労神奈川県本部からは、新設した男の子用宿舎で使用する浄水器、洗濯用品を寄贈いただきました。
ありがとうございました。(活動国:カンボジアより)

DSC_0003 DSC_0018 DSC_0029 DSC_0061