エファジャパン

寄付で応援

ニュース

2010.12.22 更新

書き損じハガキで自転車を寄贈!

 エファジャパンで募集している書き損じハガキは、多くのご協力をいただき2010年度上半期(4月~9月)で約66万円(切手交換後)に達しました。この12月にその一部を現金化し、「カンボジア子どもの家」の国立幼稚園教員養成学校に、訓練生のための自転車50台を寄贈することができました。

 養成学校は2年制の全寮制で、寮費・学費は免除されています。しかし、食費や、授業で作る教材の材料費、教育実習の期間の交通費は訓練生が支払う必要があり、貧しい家庭出身の訓練生にとっては中途退学の原因になるほど重い負担です。エファジャパンでは特に家計の厳しい訓練生25名に奨学金を支給し中途退学防止の努力をしていますが、奨学金の対象から漏れてしまった訓練生の中にも経済的に苦しい者は多く、食費を浮かせるために朝食を食べないなど、どうにか節約しようとしている様子が伺えます。そうした訓練生の状況を憂えていた養成学校では、交通費対策のため訓練生が使える自転車を揃えたいとの希望はあったものの、予算が無く実現できずにいました。

 今回の寄贈で、年に2ヶ月間ある実習期間中の交通費が節約できるのに加え、教材の材料や身の回りのものを揃えるため市場へも気軽に出かけられるようになります。

「移動に自転車が使えるようになったので、交通費の分のお金を教材や自分の石鹸などの日用品に回せてとても助かります。」(ソクさん・19歳)

「市場などへ行く時はクラスメートと一緒に乗って行きます。カゴが付いている便利な自転車でとても嬉しいです。」(ヘイさん・21歳)

今年度中にベトナム、ラオスへも支援をしたいと考えています。引き続きハガキ収集へのご協力をお願いいたします。