エファジャパン

寄付で応援

ニュース

2015.05.29 更新

ヴィエンチャン市立図書館で子どもの日のイベントを開催

ヴィエンチャン市立図書館は、自治労中央本部及び3県本部(愛知・東京・北海道)のご支援により建設され2006年12月に開館した、ラオスでは最も大きな図書館の一つです (図書館床面積:422㎡、多目的ホール床面積:275㎡) 。現在でも図書館運営に必要な消耗品や雑誌・新聞の購入、メインテナンス費用などを、自治労東海地連から継続的にご支援いただいています。

日本では5月5日が子どもの日ですが、外国では6月1日を子どもの日として祝う国が少なくありません。特にラオスでは子どもの日には様々な子ども関連のイベントが開かれます。

ヴィエンチャン市立図書館では5月29日に周辺の8つの小学校から子ども達が集まり、エファジャパンからも一部の開催費用を寄付し、舞踊や紙芝居、クイズ、ゲームなどのイベントを行ないました。子ども達はイベント終了後、文房具やお菓子などのギフトを貰い、嬉しそうに帰宅しました。

(活動国ラオスより)

VPL1(こどもの日イベント) VPL 2(子どもの日イベント)