エファジャパン

寄付で応援

ニュース

2009.02.25 更新

ラオスから国立大学中央図書館長招聘

3月1日から2週間、自治労滋賀県本部の支援によりラオス国立大学中央図書館長チャンシー氏を図書館研修のため招聘します。
今回の滋賀県への招聘は、ラオス国内における図書館学の指導者的立場にあるチャンシー氏に、日本の図書館行政についての理念や現状を紹介するとともに、図書館運営についての実地研修を実施し、研修終了後はチャンシー氏を講師としたラオス各地の図書館職員対象の研修を行うことで、ラオスの図書館運営の充実と発展に寄与することを目的としています。
(ラオス国内での研修事業についても自治労滋賀県本部にご支援いただきます。)
研修は、滋賀県立図書館や県下の市町立図書館での実地研修のほか、大阪市立図書館、国立国会図書館の見学など、さまざまな角度から図書館運営について見ることができる内容になっており、その他自治労滋賀県本部組合員宅へのホームステイ等も予定しています。
※この研修の様子は、エファジャパンHPに掲載するほか、広報誌「えんぱわ」5月号でも特集しますので、ぜひご覧ください。