エファジャパン

寄付で応援

ニュース

2010.11.26 更新

セコンCCC事業が終了します

1年の成果を発表

日本政府外務省よりNGO連携無償資金協力を頂いて、1年間実施してきました、セコン県CCC(子ども文化センター)設立支援事業が本日を持ちまして終了します。

19-24日にかけて最後のセコン県への出張へ行ってきました。

今回は子ども達が1年間で学んだ事を発表する場として、20日(土)の夜に子ども達の保護者や近隣の子ども・大人たちも集めてパフォーマンスをしました。

HIV/AIDSや教育をテーマにした演劇、様々な民族衣装に身を纏っての伝統舞踊、伝統楽器の演奏、歌やヒップホップなどが2時間半にわたって催されました。

1年間でこれだけのスキルを身につけられたことはこの事業の成功を表していると言えるでしょう。

事業終了後もセコン県CCCはセコン県政府の管轄下で続けられます。

家庭訪問をしたさい「子ども達がCCCへ通うようになって、学校での態度が良くなり、家でもよく手伝いをするようになりました」とのコメントも頂きました。

ラオスの伝統衣装を着て伝統舞踊を踊る高校生達

 

これからも、セコン県の子ども達が健やかに成長し、ラオスの発展を担う大人になることを願っています。

fromラオス事務所