エファジャパン

寄付で応援

エファ通信

2009.01.29 更新

エファ通信65号

Efa************************************************************
エファ通信65号
**********************************************************japan

みなさま

65号より3号編集を担当しますインターンの北川です。
3月までになりますが、よろしくお願いいたします。

新年最初の号は、スタッフの新年の抱負からはじめます!

大島(事務局長)
今年、エファは設立5周年。そして、子どもの権利条約が
国連で採択されて20周年です。エファは、子どもの権利を
実現するため、今年もがんばります。

高山(海外事業)
日々できることを着実におこなう。
エファに入って今年で5年目に突入します。出張を理由に
サボっていたファイリングなども含め、今しておくべきこと
は何かを考えそして実行して毎日を過ごしていきたいと思います。

五十嵐(国内事業)
エファに入局してから今年で丸4年…これまでを振り返りつつ
新しいことにチャレンジする気持ちを忘れず一年を過ごして
いきたいです。秋に計画しているエファ設立5周年イベント
も無事成功できるよう頑張りたいです。

宮原(広報)
先日「達成できない目標を立てると落ち込む原因になる」
と新聞に書いてありましたが…。
今年は、オンライン決済と携帯サイトの可能性を探って
みようかなと思っています。
ご意見・ご要望ありましたらぜひお寄せください。

中村(ラオス)
ラオス事務所が出来て4月で丸2年になります。
今後の支援活動をどのように継続していくことがラオスの
人たちにとって最善かを考えながら一つ一つの事業でより多く
の子ども達が本に親しみ、情操教育を受け、文化の継承の
一端を担うことが出来るようにしていきたいです。

北川(インターン)
地道な努力を続けることです。4月から社会人になること
もあり、小さな事であっても自分なりに考え、より良い
結果が出せるよう頑張りたいです。
また、エファのインターンも任期が終わる3月末まで積極
的に動けるように取り組みたいです。

今年もスタッフ一同どうぞよろしくお願いいたします!

■■目次■■

○お知らせ○
・年賀状~当選のがしてもエファジャパン
・カンボジアようちえん募金継続中

○主な動き○
・ハンソン理事長高知県本部を訪問
・自治労神奈川県本部にて学習会開催
・近畿出張報告
・「東京海上日動火災保険チャリティブックフェア」に参加
・千葉県の中学生の訪問学習受け入れ
・ラオス近況報告
・パレスチナ支援

○ちょこっトピック○
・ボランティア元年

○会員情報○

◆◆◆お知らせ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

~年賀状~当選のがしてもエファジャパン
——————————————-
1月25日(日)は年賀状のお年玉くじの抽選日でした。
翌日より賞品との引き換えも始まっているようです。書き損じた
年賀状や余った年賀状も当選するかもしれないと残しておられる
方もいらっしゃるはず。残念ながらも当選をのがしてしまった書
き損じ・余りの年賀状はエファジャパンには当選した!とお考え
いただき、是非エファジャパンにお送りいただきたく思います。

ご寄付はカンボジア・ベトナム・ラオスの子ども達への支援
活動等に“あたります”。その他の書き損じハガキのご寄付も
お待ちしています。年賀状・ハガキは手数料を引き、1枚につき
45円分の切手にかえることができます。45円が1つひとつ積み重
なり、大きな支援となります。是非ご協力ください。

送付先:NPO法人 エファジャパン
〒102-0081 千代田区四番町4 日本染色会館3階  
Tel:03-3263-0337 

「カンボジアようちえん募金」継続中
—————————————
昨年11月より始まりました「カンボジアようちえん募金」
まだまだ継続しております!①スラムの子ども達が幼稚園へ通う
ための奨学金と、②国立幼稚園教師養成学校の訓練生への奨学金
の安定した支給のため、皆様からのご寄付をお待ちしています。

目標額:150万円
寄付額:16万8千円(1月現在)

ご寄付いただきました方々、ご協力誠にありがとうございます。
インターン北川も幼稚園時代は18年前ですが、思い出すと優しい
先生や友達との思い出と共に、給食をあいさつより前に一人で食べ
始めた等のすごく恥ずかしい思い出がうかびます。しかし、毎日
元気に幼稚園に通えたことはとても幸せなことでした。
「ようちえん募金」は、そんな幸せをつくります。
ご協力どうぞよろしくお願いいたします。

募金ページ https://www.efa-japan.org/cambodiadonation.html

【募金先】
<郵便振替>
口座番号 00190-6-723415
口座名  エファジャパン
※通信欄に「ようちえん」とご記入ください
※専用の郵便振替用紙もありますのでご請求ください。

▼▼▼活動報告▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

ハンソン理事長高知県本部を訪問
———————————-
12月19日(金)にイーデス・ハンソン理事長と井ノ口理事が
自治労高知県本部を訪問しました。訪問先の高知県本部では、
組織強化委員会の席でハンソン理事長の講演の時間をいただき、
エファジャパンの取り組みの紹介とご協力の呼びかけをさせてい
ただきました。
理事長の講演の機会をご提供いただいた自治労高知県本部の皆様、
どうもありがとうございました。

自治労神奈川県本部にて学習会開催
————————————-
12月19日に自治労神奈川県本部にて、甲斐田万智子さん(国際
子ども権利センター代表理事)を講師に招き、学習会「子どもの
性的搾取の世界の流れ~ブラジル会議参加報告~」を行ないました。
甲斐田さんからは、子どもの性的搾取の現状や、11月末にブラジル
で開催された子どもの性的搾取に反対する世界会議(ブラジル会議)
の内容などをお話いただきました。当日は約30名の組合員の方に
ご参加いただきました。年末のお忙しい中、学習会の開催にご協力
いただいた関係者の皆様、参加された方々に感謝申し上げます。 

近畿出張報告
—————
正月明け、5日から7日まで、事務局長が近畿地方の自治労組織
を訪問しました。

●滋賀県本部:今年3月に、ラオス国立大学図書館長を研修のため
招聘していただきます。その準備状況を確認するために訪問しまし
たが、準備はほぼ完了、図書館学用語を訳せる通訳を探しています。

●兵庫県本部:ヴィエンチャン市立図書館敷地内の古い建物を
改修する資金をカンパしていただいています。既に目標額の半分
集まりました。改修工事完了時には、県本部からのツアーを計画
されています。

●三重県本部:ベトナム、ラオス、カンボジアの子ども達のために、
文房具を集めていただいています。学校で働く組合員の方や組合
員のお子さんを通じて、学校全体で文房具集めに取り組んでいただ
いた所もあるそうです。

●大阪市職員労働組合:募金集約後に、多額の中国・ビルマ
(ミャンマー)自然災害募金をいただいたので、追加で実施する
復興事業の説明におじゃましました。

●和歌山県本部:旗開きに先立つ学習会で、ハンソン理事長が
「国際貢献活動について」講演をしました。県本部の記念事業で、
「カンボジア子どもの家」(幼稚園教員養成学校と附属幼稚園)
への奨学金支援を行っていただいています。記念事業終了後も、
単位組合や組合員による支援継続をお願いしました。ひとりへの
支援の結果が、周囲の人々に波及するので、「ちょっとの後押し」
でも、大きな成果が生まれることを強調しました。

東京海上日動火災保険チャリティブックファアに参加
——————————————————
1月21-22日に開催された東京海上日動火災保険株式会社の
「チャリティーブックフェア&NPO・NGOフェア」に今年も参加し
ました。昼休みと終業後の時間に同社の会議室で行なわれたイベ
ントでは、エファジャパンのほか国際協力や福祉、環境など10の
NGO・NPO団体がブースを出店し、活動紹介を行ないました。会場
内では社員の方が持ち寄った本を販売し、その売り上げをNGO・NPO
へ寄付するという取り組みも行なわれていました。エファジャパン
のブースでは、社員の方がボランティアでエファグッズの販売を
お手伝いしてくださり、同僚の方などに積極的にご紹介ください
ました。

千葉県の中学生の訪問学習受け入れ
————————————-
1月23日に千葉県船橋市立葛飾中学校の1年生4名が総合学習の
一環でエファジャパンの事務所を訪問しました。一昨年の11月に
も同校の生徒さんがエファジャパンを訪問先に選んでくださり、
今回で2度目の受け入れとなりました。はじめにクイズやワークを
通じて世界の子どもたちの状況や学校に通えない子どもたちの背景
について考えてもらったあと、エファジャパンの活動をスライド
やDVDで紹介しました。
生徒さんは最初少し緊張気味でしたが、だんだん緊張もほぐれ、
スタッフが投げかけた質問にも積極的にこたえてくれました。
今回の訪問学習で学んだことをみんなで学級新聞にまとめる予定
とのことで、これからも国際協力や世界の子どもたちの状況につ
いて学習を続けていってもらえたら嬉しいです。

ラオス近況報告
——————
12月22-24日にはエファジャパン支援による初めての子ども
文化センター(CCC)研修が中央CCCの協力のもとで行われました。
支援を行っている全CCC、これから支援を行う予定のCCCも参加し
意見交換を行い、CCC運営方法や子どもの権利などに関して学び
ました。ビエンチャン市立図書館では自治労都本部の支援の一環
として大人向けの本318冊・子どもの本167冊購入を実施しました。
ビエンチャン県CCCには自治労佐賀によるご支援の一環として音響
設備・スポーツ用具(卓球台・卓球ラケット・サッカーボール)
・伝統衣装を贈呈、シェンクワンCCCには自治労大分によるご支援
の一環として本99冊を贈呈しました。
1月15日には自治労愛知県本部のご一行が石田記念文庫の贈呈に
ビエンチャン図書館を来訪されました。日本に関して英語で書かれ
た本や美術本、石田さんの出身地である多治見市のパンフレットなど
を贈呈してくださいました。

パレスチナ支援
——————
昨年末に始まったイスラエルのパレスチナ自治区ガザへの軍事
攻撃によって、1,300人以上の死者、5,000人を超える負傷者が出ま
した。死傷者の多くは、非戦闘員、特に子どもと大人の女性でした。
イスラエルの攻撃は、「軍事作戦」と言うよりは、ガザ住民の
「虐殺」と言えます。単なる非難ではなく、相応の制裁を科すべ
きです。
エファジャパンは、ガザ住民支援のため、16日に緊急人道支援
基金から20万円を日本国際ボランティアセンター(JVC)に託しま
した。
JVCは、PMRS(Palestinian Medical Relief Society:パレスチナ
医療救援協会)を通じて、ガザ地区の緊急医療支援を行なって
います。パレスチナ緊急医療支援へ協力していただける方は、
郵便振替の通信欄に「パレスチナ」とご記入のうえ、お振り込み
ください。

【振込先】
<郵便振替>
口座番号:00190-6-723415
口座名:エファジャパン

■□■ちょこっトピック■□■□■□■□■□■□■□■□■□

ボランティア元年
——————–
14年前、1995年はボランティア元年ともよばれています。
1月17日、阪神淡路大震災が起こり、被災地に大きな傷跡を残しま
した。その中で、1995年の1年間にのべ137万人が様々な支援活動
に参加しました。「テレビを見ているだけでなく、何かできないか」
そう思った人々が全国から集まりました。一人ひとりのその気持
ちが大きな形となり、このボランティアの活躍をきっかけにボラン
ティアの存在の意義やボランティアの力を活かすためには何が必要
なのかを改めて考えられるようになりました。
1月17日は“防災とボランティアの日”になりました。
また、それまでは任意団体であったNPOの法人化の必要性が唱え
られるようになり、特定非営利活動促進法(NPO法)が1998年
に制定され、NPOが法人格を取得できるようになりました。

今ではボランティアという言葉はすっかり身近になりました。
エファジャパンでは、毎月最終木曜日にボランティアの方々に来
ていただき、色々とお手伝いしていただいています。毎月、年齢
・職業様々な方が来てくださいます。インターン北川にとって、
ボランティアの方々との交流も楽しみの1つです。

●●●会員情報●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

HP掲載は省略

****************************************************************
特定非営利活動法人エファジャパン  メールマガジン「エファ通信」
〒102-0081 千代田区四番町4 日本染色会館3階
Tel: 03-3263-0337 E-mail: info@efa-japan.org
URL:https://www.efa-japan.org/
発行人 イーデス・ハンソン   編集担当 北川 郁