エファジャパン

寄付で応援

エファ通信

2007.12.27 更新

エファ通信52号

Efa************************************************************
エファ通信52号
**********************************************************japan

みなさま

今年も残すところあと数日となりました!

今年中に終わらせなければならことは
ラストスパートをかけて取り組み、
もう来年でいいや、と脱力してしまった場合は
健やかな年明けを待つばかりですね。
(私はどちらかというと脱力系かも…)

今年のエファは新しいスタッフを迎え、
支援事業も、既存事業は充実し、
カンボジアのスラム内寺子屋教室など
新しい展開をしたものもありました。

エファが常に前進することができたのは、
ひとえにみなさまの支援のたまものです。
(スタッフの熱意も貢献してますよ!)

来年はさらに多くの子ども達により良い支援を届けるよう
スタッフ一丸となってがんばりますので
応援よろしくお願いします!

みなさま良い年をお迎えください。(宮原)

■■目次■■

○お知らせ○
・カンボジアスタディツアー決定!
・国際交流イベント

○主な動き○
・千葉県の中学生がエファ事務局に来訪しました
・チャリティーブックフェアに参加
・デジカメを寄付いただきました
・ラオス新事業

○ベトナムから○
・子どもの家理容教室 キン先生

○会員情報○

◆◆◆お知らせ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

カンボジアスタディツアー決定!
———————————–
エファジャパン春のスタディツアーはカンボジアに決定!新しく
支援を始めたスラムの寺子屋教室の様子を見学したり、子ども達と
交流したり、アンコールワット遺跡観光も入った盛りだくさんのツ
アーです。

【旅行日程】2008年3月16日(日)出発 5泊7日
【参加費】20万円前後
(詳細調整中のため目安です。確定次第広報します。)
【申込締切】2008年2月15日 

※申込書付ツアーパンフレットをご希望の方はご連絡ください。

国際交流イベント @東京都・東久留米市
——————————————-

~ワンワールド・フェスタ北多摩2008~

市民グループによる北多摩では歴史ある国際交流イベント。エフ
ァジャパン会員の白石孝さん(荒川区職労書記長)が実行委員長を
務め、今年で最後の開催となります。ぜひご参加ください。

【日時】1月13日(日)10:00~20:00
【会場】成美教育文化会館(西武池袋線 東久留米駅徒歩4分
【参加費】100円(世界のコーヒー又はハーブティー付き)
※崔善愛(ピアノ)&三宅進(チェロ)コンサートと
国際交流の夕べパーティーは参加費1,000円

詳しくはWebサイト
http://www013.uppp.so-net.ne.jp/pualani/onetop.htmlまで  

▼▼▼活動報告▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

千葉県の中学生がエファ事務所を訪問(11/30)
————————————————
11月30日に千葉県船橋市立葛飾中学校の1年生11名が総合学習の
一環としてエファジャパンの事務所を訪問しました。
はじめに事前に送っていただいた質問表をもとに、学校に通え
ない子どもたちがいる背景や世界全体の状況についてスタッフが
話をしました。続いてベトナム、ラオス、カンボジアの地理や歴
史についてクイズを交えながら紹介し、エファジャパンが各国で
どのような活動を行っているのかをDVDを使って説明しました。
日本で生活する生徒さんたちにとって、現地経験のあるスタッ
フの話や映像に映る支援地の子どもたちの様子は強く印象に残っ
たようです。今回の訪問学習で興味をもったことや疑問を持った
ことをさらにみんなで調べたり話し合ったりしながら、これから
も国際理解学習を続けてもらえたらと思います。

デジカメを寄付いただきました
———————————
自治労大分県本部より、中古のデジタルカメラを3台ご寄付いた
だきました。ありがとうございました。1台はすでにラオス・アッ
タプー県のCCC(子ども文化センター)に寄贈しました。残り
の2台についても、エファの支援地のニーズを検討して寄贈先を決
めたいと思います。

東京海上日動火災保険チャリティーブックフェアに参加(12/19-20)
————————————————————
12月19~20日に開催された東京海上日動火災保険株式会社の
「チャリティーブックフェア&NPO・NGOフェア」にエファジャパ
ンも参加しました。
このイベントは、同社の社員の方がNPO・NGOと直接触れ合う場
を提供し、社員の視野を広げボランティア活動につなげていくこ
とを狙いとしたもので、1993年より毎年開催されています。昼休
みと終業後に同社の会議室で開催されたイベントには、国際協力
や福祉、環境など10のNPO・NGO団体がブースを出展。このほか、
社員の方が持ち寄った本・CD・DVDなどを販売し、その売上げを出
展団体へ寄付するという取組も行なわれていました。
エファジャパンもパネル展示やエファグッズの販売を行ない、
多くの方にブースに立ち寄っていただきました。子どもたちが職
業訓練で作ったエファグッズがとてもかわいいと好評でした。  

ラオス新事業
—————

12月より自治労大分県本部のご支援をいただき、ラオスにてカム
ワン県とシェンクワン県の二つの子ども文化センター(CCC)運営支
援事業を開始しました。この開始に伴い、自治労大分県本部のスタ
ディツアーがおこなわれ、エファジャパンからは事務局長大島が同
行させていただき、二つの支援地にて調印式を執り行いました。
地方のCCCではまだ電気も水道もなく、建物の老朽化から雨漏りも
ひどく、また活動に必要な民族衣装、伝統楽器や文房具なども足り
ない状況です。当該支援事業を通して、子ども達の活発な活動を推
進し、また過疎地での移動図書館活動の展開もおこない、より多く
の子どもの参加を促進していく予定です。
これらの地方では様々な少数民族が住んでいるので独特の伝統文
化を持っており、このような貴重な財産を子ども達へ受け継く支援
を開始することができ非常に嬉しく思います。

■□■ベトナムから■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

ニエムギア子どもの家 理容教室のキン先生
———————————————-
理容教室を始めた昨年6月までの約10年の間、私は子どもの家
の近隣に店を構え時々子どもの家へボランティアに行きながら、子
どもの家の発展と子ども達の成長を見守ることができました。子ど
もの家の成功は、寮母の熱意や、気配り、活発さ、またそれと同じ
位強力なサポートがエファや自治労からあったこと、そして関係す
る人々の優しさによって成されました。子どもたちは、日本からの
来客に歌や遊びなどの出し物をしたり、互いに日本とベトナムの文
化的習慣を交換する時、本当に楽しそうにしています。

子どもの家では、子どもたちは基本的な教育を受けるだけでなく
職業上の技術も教えてもらっています。一部の子ども達は外から仕
事を受注し、自立への一歩を踏み出しています。私は理容教室の先
生として招かれ、少しでも子どもたちの支援に貢献していると感じ
ることができ幸せです。

子どもの家を運営する人々にとって、小さい子や精神的に問題を
抱える子、保護されるまで大人の監督無しに生活することに慣れて
いた子達の面倒を見るのは、いつもうまく行くというわけではあり
ませんでした。しかし、トゥイ所長や寮母のヴィンさん、そしてほ
かの先生方が寛大な理解を示し、テト(旧正月)や中秋の名月の祭
りには、もっと恵まれた子ども達と同じように温かい気持ちになれ
る休日を迎えるよう努力しています。

最後に、愛する子ども達のために温かい支援をしてくださってい
る日本の方々に深く感謝申し上げると共に、あなた方の支援がこれ
からも続くように願っています。

●●●会員情報●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

HP掲載は省略

****************************************************************
特定非営利活動法人エファジャパン  メールマガジン「エファ通信」
〒102-0081 千代田区四番町4 日本染色会館3階
Tel: 03-3263-0337 E-mail: info@efa-japan.org
URL:https://www.efa-japan.org/
発行人 イーデス・ハンソン   編集担当 宮原朝香