すべての人々に、力を。

【新型コロナウイルス】支援国の状況-ラオスから

2020年5月8日  五味

「学校再開へ準備万端!」=ラオス政府HPより

 世界各国、日本国内の医療現場で日々、新型コロナウイルス感染症の治療に携わっているみなさま、私たちのライフラインを維持するためのお仕事に就いているみなさま、心より感謝しています。また、感染して亡くなられて方々のご冥福をお祈りするとともに、現在治療中のみなさまの一日も早いご回復をお祈りしています。
 エファジャパンが支援しているカンボジアのNGO・SCADPへの「緊急支援募金」ですが、多くのみなさまにご協力いただいております。日本も緊急事態宣言の期間が延長され、先行きが見えない中、心より感謝しております。
 支援するラオスの、エファ現地スタッフ・ソンパンより、最新情報が送られてきました。
 ラオスでは、本日(2020年5月8日)現在、新型コロナウイルス感染症の感染者が19名判明しています。しかし、2020年4月12日から5月6日までの24日間、新たな感染者が出ていないとのことです。また亡くなった方もいません。それを受け、外出禁止の宣言が解かれ、検温やマスクの着用、社会的距離の維持を守った上で、各種職場が再開されたそうです。学校などの教育機関も、5月18日から段階的に再開される予定になっているそうです。
 5月初めには、政府のHPに学生たちの写真が掲載されました。「学校再開へ準備万端!」とのキャプションが付いた写真には、マスクを付け笑顔の子どもたちが。
 日本ではすべての学校が再開するには今しばらく時間がかかりそうですが、子どもたちにとってかけがえのない場所、学校が、世界中で再開されることを祈っています。

ページトップへ