すべての人々に、力を。

鹿児島県労働者福祉協議会のメンバーが支援地を訪問【カンボジア】

2019年11月12日  崎川

学童保育所の子どもたちと笑顔で記念撮影

 鹿児島県労働者福祉協議会(以下、鹿児島県労福協)にはエファジャパンを通して、2012年からカンボジアの子どもたちをご支援いただいています。
 11月7日に、理事長を含む3名の役員が、これまで運営の支援をいただいていた、カンダール県バンディアイデク村学童保育所(旧就学前教室)と現地NGOのSCADPが首都プノンペンで運営する児童保護施設を訪問しました。鹿児島県労福協の支援で両施設の運営が滞りなく行われていることを確認し、今後の支援のニーズについて検討しました。

子どもたちに学用品を贈る鹿児島県労福協の役員のみなさん

 児童保護施設訪問時には、カンボジアの新学年度開始の11月に合わせ、施設で暮らす子ども22名に、教科書や文房具、制服を寄贈しました。嬉しそうな笑顔で受け取った子どもたちは、今後1年間は学習用具の不足の悩みから解消されます。

(活動国:カンボジア)

ページトップへ