はじめて図書室に来た日を覚えていますか。
1年生のあなたは、生まれて初めて見る本に
驚いていましたね。

2年生、まだ読めない字が多いので
絵本の読み聞かせを。

3年生、友達とけんかをして本を投げ合い、
やぶれた本を持って大泣きで謝りに来た日がありました。

4年生、本の中にカッコいい主人公を見つけ、
その主人公の真似を友だちとしていましたね。

5年生、低学年の子どもたちに
今度はあなたが読み聞かせをしてくれました。

6年生、「本を読んで、夢を見つけたんだ」
あなたのまなざしに迷いはありませんでした。

そして今日、卒業おめでとう。

「学んだ時間をありがとう」と向けてくれた
言葉は、先生の宝物です。

あなたの歩みを見たことが幸せ
これからの歩みを見ることが喜び
これまでも、そしてこれからも
中学生になるあなたのそばに、
これからも続く人生の行き先を
照らす本がありますように。

本がつくる、キミの未来のものがたり

ぜひ、皆さんの大切な一冊を教えてください

〈私と本とのエピソード〉を投稿する

GREETINGS

ごあいさつ

子どもたちの未来のものがたりのために

長く続いた外国との戦争と内戦によって、家族から引き離され、感染症や心理的トラウマ、貧困の中で苦しんでいた子どもたち。この子らに生き抜いていく力を授けたい ──
2004年、エファジャパンはベトナム、カンボジア、ラオスで地域の人々とともに教育と福祉サービスの取り組みを開始しました。それから20年。多くの方々のご理解とご支援のもとで、800校に上る図書室が整備され、42万人の子どもたちが学びの扉を開くことができました。
本は、命と心の栄養です。生きていくための知識を得ることができる本、未知の世界に向けて扉を開き、想像力や共感力を育み、自分の生き方、道標さえも授けてくれる本。私たちは一冊の本がもたらす希望を信じ、活動を続けています。
2024年、エファジャパンは、「本の飢餓」を無くす取り組みに挑みます。本がつくる、子どもたちの未来のものがたり。私たちの活動にご参加いただければ幸いです。

特定非営利活動法人エファジャパン
理事長 伊藤道雄

EPISODE

私と本とのエピソード

少年チトは、みんなと同じように学校へ通い椅子に座って勉強するのは苦手。でも庭で植物の勉強をするのが好きで、ある日、指で触れると花を咲かせることのできる自分だけの能力に気がつき、街の困りごとを解決していきます。

大人になってふと読み返したときに支えとなってくれるような物語です
皆子どものときは、純真な心と特別な「みどりのゆび」を持っている。大人たちになるとついそのことを忘れがちだけれど、心の奥底で、その力が世界を変えると信じたいと願っているのではないでしょうか。
このお話を読む子どもたちにも、ぜひ自分だけの「みどりのゆび」を見つけ、大切にしてもらいたいです。

作: モーリス・ドリュオン
訳: 安東 次男
出版社:岩波書店

「みどりのゆび」 高橋あゆみ(30代)

エピソード一覧をみる

NEWS

お知らせ

周年事業のお知らせへ

EFA PARTNER

エファパートナー

障害がある子どたちも取り残すことなく、
すべての子どもたちが自ら豊かな心を育んでいけるための活動、
「本の飢餓(Book Famine)」をなくす取り組みをエファは続けています。
ぜひ、エファパートナーになっていただけませんか?

エファパートナーについて