すべての子どもが教育を受けるために

カンボジアとはどんな国

立憲君主制の民主主義国家であるカンボジア王国は、人口約1150万人で、90%のクメール人の他、中国系、ベトナム系、チャム族などの少数民族で構成されています。

9~15世紀がカンボジア王国「アンコール時代」で、アンコール・ワットやアンコール・トムなどの世界的な遺跡が建設されました。しかし次第に勢力が衰えると隣国の侵略を受け領土を縮小し、1887年にフランスの植民地化。1953年にカンボジア王国としてフランスから独立後、しばらくは安定した王政国家が続きますが、クーデターが1970年に勃発、以後内戦状態となります。1975年ポル・ポト政権の誕生により内戦は終結。しかし、ポル・ポトの恐怖政治により100万人以上が死亡する悲惨な時代となりました。1979年ベトナムの支援を受けたヘン・サムリン政権誕生後も国内の混乱は続き、1993年パリ協定に基づきUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)が総選挙を実施。シハヌーク国王が即位しました。

ポル・ポト時代に大量の教員や、高等教育を受けた人々が殺され、ほとんどの教育施設が閉鎖されたことにより、カンボジアの教育制度は崩壊。国の復興にとって教育は最も重要な課題のひとつとなっています。

ページトップへ