すべての人々に、力を。

エファ通信130号

2014年6月26日  宮原

Efa************************************************************
エファ通信130号
**********************************************************japan

みなさま

お知らせ欄でもご報告していますが、
先日開催された理事会において
エファジャパン理事長が交代しました。

これまで10年間、まさに団体の「顔」として
エファジャパンの活動を支え、牽引してきた
イーデス・ハンソン氏が理事長を退任し、
新しく伊藤道雄氏が理事長に就任しました。

伊藤理事長は、現在の国際協力NGOセンター(JANIC)
を創設するなど長らく国際協力の世界で活躍し、
現在は2005年に自ら設立した
特定非営利活動法人アジア・コミュニティ・センター21
の代表理事を務める傍ら、
立教大学21世紀社会デザイン研究科特任教授として
教鞭も取っています。

さらに、ハンソン前理事長は顧問に就任し、
これまでの経験を踏まえ
団体運営や活動を見守り、助言すると言う立場で
エファへの参画が続くこととなります。

団体始まって以来初の理事長交代ですが、
これがさらなる活動の発展につながるよう
理事会、事務局共に努力していきたいと思います。

ちなみに、エファジャパン設立10周年記念イベントを
今年の11月2日に東京ウィメンズプラザで開催する予定です
(詳しいお知らせは少々お待ちください)。

映画『世界の果ての通学路』上映のあと、
新旧理事長による対談を行ないます。

エファジャパンの大きな節目を記念する今回のイベント、
お近くの方は、ぜひお越しいただけたら嬉しいです。

(宮)

■■目次■■

○お知らせ○
・エファジャパン理事会新体制について

○主な動き○
・自治労国際活動全国交流集会
・ベトナム活動報告
・ラオス活動報告
・カンボジア活動報告

○ちょこっトピック○
・2018年までにポリオ根絶なるか

○寄付情報○

○会員情報○

◆◆◆お知らせ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

エファジャパン理事会新体制について
--------------------------------------
去る6月16日のエファジャパン2014年度会員総会に先立ち実
施された理事会において、理事の改選がありました。理事長
イーデス・ハンソン氏が退任し、新理事長に伊藤道雄氏が就
任。ハンソン前理事長は顧問に就任しました。また、上條直
美理事が任期終了に伴い退任となり、新たに一般社団法人八
王子自治研究センター事務局長の佐藤千恵子氏と全日本自治
体退職者会事務局次長の中西満氏が理事に就任しました。こ
の理事改選は総会にも報告され、また総会において監事の山
形昌弘氏の再任も承認されました。
総会においては、2013年度の事業報告及び決算、2014年度
の事業計画及び予算も承認されました。2013年度の活動を掲
載した年次報告書は7月下旬発行となります。HPにも掲載いた
しますのでぜひご覧ください。

▼▼▼活動報告▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
自治労国際活動全国交流集会
------------------------------

6月4日、第3回自治労国際活動全国交流集会が開催され、17
県本部から24名の方々が出席されました。
氏家中央執行委員長のあいさつに続き、青木総合企画総務
局長から自治労国際連帯活動の当面の重点的取組が提起され
ました。
その中で、各県本部・地連とエファとの事業支援が定着・
拡大しているが、会員拡大の強化の必要性が指摘されました。
今後の具体化が期待されます。
新潟県本部からはドイツ・イタリアの労働組合との交流に
関して、九州地連からはエファを通じてのカンボジア・ラオ
ス支援に関して報告があり、最後に事務局長が海外・国内に
おけるエファの様々な活動を写真と共に紹介しました。

ベトナム活動報告
-------------------
ベトナムでは6月1日が子どもの日で、6月を「子ども行動月
間」として定めており、子ども関連の支援事業やイベントが
盛んに行なわれます。5月27日には「子ども行動月間」に向け
た記念式典がハイフォン市で開催されました。式典が開催さ
れたハイフォン市キエントゥイ郡の子ども達には奨学金が支
給され、自治労栃木県本部により設置されたアジア子どもの
家奨学金基金からも9名の子ども達に70万ドン(約3,500円)の
奨学金と10万ドン分(約500円)のギフトが贈呈されました。
本奨学金は経済的貧困など困難な状況にありながら、優秀
な成績を収めている子ども達に支給されます。9月の中秋月に
はアジア子どもの家奨学金基金から新たに約70名の子ども達
に奨学金が支給される予定です。

ラオス活動報告
-----------------
ベトナムと同様、ラオスも6月1日が子どもの日です。5月
30日にはヴィエンチャン市立図書館とラオス国立図書館で子
どもの日を祝うイベントが行なわれました。子どもの日を祝
うことはラオスではとても重要なことから、エファジャパン
はこれらのイベントの実施を資金面からサポートしました。
ヴィエンチャン市立図書館では約80名の子ども達が集まり紙
芝居や懸賞付きゲーム、クイズを行ない、ラオス国立図書館
では約180名の子ども達が集まりペープサートやクイズを楽し
みました。これらのイベントに参加した子ども達はお菓子な
どのギフトを貰った後、嬉しそうに帰宅しました。

カンボジア活動報告
---------------------
エファジャパンはカンボジアとタイとの国境地帯にあるプ
レアビヒア県で13カ所の寺子屋教室を支援しています。寺子
屋教室の現状分析及び今後の支援計画を策定していくため、
5月28日~5月30日の間、エファジャパンの現地パートナー団
体SCADPの協力の下、郡教育局や寺子屋教室の教師、保護者、
子ども達にインタビューやアンケートによる基礎調査を実施
しました。本調査では、プレアビヒア県の寺子屋教室の教育
環境が良いとはとても言えず、学習用具や教師の不足などに
より、寺子屋教室に通っても読み書きのできない子ども達が
少なくなく、正規の小学校や中学校が周辺地域にないため良
い成績を収めても正規の学校へ転校できないことなどが、保
護者や子ども達の学習意欲を削いでいることが分かりました。
今後は今回の調査結果を基に、新プロジェクト実施のための
外部機関への資金申請も視野に入れながら、SCADPと一緒に
中・長期的な支援計画を策定していきます。

○関連情報・写真

・国境地帯の寺子屋で基礎調査を実施
http://www.efa-japan.org/?p=9194

■□■ちょこっトピック■□■□■□■□■□■□■□■□■□

2018年までにポリオ根絶なるか
--------------------------------
ポリオは、人の口から入って発症する感染性の病気です。
罹患者の多くが5歳以下の子どもであるため小児麻痺と呼ばれ
ることもありますが、ポリオは大人でも発症することがあり、
また小児麻痺にはポリオ以外の要因もあります。治療法は確
立されていませんが、ワクチンで予防することが可能です。
ポリオは、発展途上国の子どもにとっては手足の麻痺という
医学的な障がい以外にも、それを原因として学校への通学が
困難になり教育の機会を奪われるなど、社会的に不利な状況
に追い込まれる大きな原因となります。1988年、166カ国の代
表が出席した第41回世界保健総会においてポリオを世界から
撲滅する決議を採択し、これにより
「ポリオ撲滅のためのグローバルイニシアティブ」
“Global Polio Eradication Initiative”
が WHO(世界保健機関)、UNICEF(ユニセフ:国連児童基金)、
米国疾病予防管理センターと国際ロータリーにより推し進め
られてきました。当初2000年までのポリオ根絶を目標として
いましたが、その後2018年までに延長されました。

こうした国際機関、民間団体、各国政府による取り組みの
結果、1988年に125カ国、約35万件報告されていた症例は、
2013年には416件まで減少し、ポリオの常在国はアフガニス
タン、ナイジェリア、パキスタンの3カ国のみになりました。
しかし、昨年シリアで確認されたポリオウィルスがパキスタ
ンから持ち込まれた可能性が極めて高いことから見ても、ポ
リオ常在国が残る限りどの国の子どもにも感染の危険が続く
ことになります。また、ポリオが根絶しているにも関わらず
リスクが高い国は、定期予防接種などの保健システムが脆弱
です。ポリオ根絶には子ども達への支援のみならず、こうし
た国々の保健システムを強化する取り組みも必要です。

紛争や情勢不安により定期予防接種が実施困難な地域があ
るなど、ポリオ根絶のための活動には課題が残っています。
しかし、その人口の多さや課題の多さから、不可能と言われ
たインドが今年初めに根絶を達成するなど、国際社会の努力
は着実に実を結んでいます。2018年での目標達成のためには、
各国政府、国際機関、民間団体が強い意思を持って取り組み
続けることが必要です。

▼△▼寄付をいただきました▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2014年5月29日~6月25日確認分

ようちえん募金 計¥29,277
・玖珠町職員労働組合

カンボジア 計\4,903
・Yahoo!ネット募金

●●●会員情報●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

敬称略。2014年5月29日~6月25日に登録の方

※HPへの掲載は省略

****************************************************************
特定非営利活動法人エファジャパン  メールマガジン「エファ通信」
〒102-0074 千代田区九段南3-2-2 九段宝生ビル3F
Tel: 03-3263-0337    E-mail: info@efa-japan.org
URL:http://www.efa-japan.org
発行人 伊藤道雄   編集担当 宮原朝香

ページトップへ