すべての人々に、力を。

ベトナムの新しい支援のため小金井市児童発達支援センターに伺いました【東京】

2019年2月5日  エファジャパン

 

 エファジャパンの崎川海外事業担当(ベトナム駐在)が、1月下旬より日本に一時帰国しています。1月31日、今後ベトナム・ハイフォン市で計画している発達障がい児の支援活動についての知見を深めるため、エファジャパン中西満理事とともに「小金井市児童発達支援センター『きらり』」(東京都小金井市梶野町・吉岡博之センター長)に伺いました。
 同センターは、小金井市内で心身の発達において特別な配慮が必要と思われる児童を対象に支援する施設として、2013年に設立されました。センター内での相談支援事業をはじめ、放課後等デイサービス事業や外来訓練事業など、総合的に支援を行っており、同市内における児童の発達支援の中心的な役割を果たしています。同センターの吉岡センター長と、小金井市福祉保健部の清水一樹主任よりセンターの概要の説明を受けた後、センター内を見学させていただきました。崎川海外事業担当は、他の施設とのネットワークの構築の経緯について質問したり、支援が必要な子どもたちのことを第一に考えたセンター内の工夫が凝らされた仕様などを見学したりしました。
 小金井市民のみなさんへの公募で決定されたセンターの愛称「きらり」。「誰でもみんな、“きらり”と光るものを持っている。その“きらり”を見つけて伸ばして欲しい。」という願いが込められているそうです。今後エファも、ベトナムの子どもたちの“きらり”を見つけることが出来るような支援の計画をし、実施していきたいと考えています。吉岡センター長、清水主任、お忙しいところありがとうございました。

ページトップへ