すべての人々に、力を。

2017年度にご寄付いただいた「書き損じハガキ」による支援第三弾【カンボジア】

2018年11月16日  崎川

「書き損じハガキ」による支援の制服や文房具を手に笑顔の子どもたち

 エファジャパンでは、書き間違えたハガキや使用していないハガキをみなさまから寄付していただき、ベトナム、ラオス、カンボジアの子どもたちの支援を行っています。
 今回は、カンボジアでエファジャパンが現地NGOのSCADP(スキャップ:Street Children Assistance and Development Programme)と協力し、支援するプレアビヒア州の児童保護施設の45人の子どもたちに学校で必要な制服と文房具の支援を、またプノンペンの児童保護施設の子どもたちに主食のお米の支援を行いました。SCADPが運営するこの2カ所の児童保護施設では、貧困が原因で家族から虐待を受けたり、保護者が出稼ぎで家に居なかったりなど、様々な理由から家で暮らせない子どもたちを受け入れています。

バナリーさん

 プレアビヒア州の児童保護施設で生活するバナリーさん(11歳)は、「制服、そしてノートやドリルなど様々な学用品をいただき心より感謝しています。頂いたものは、私たちが勉強していく上でとても大切なものです。私たちにとって勉強することは、将来に向けて大変重要なことです。私は一生懸命に勉強して医師になり、多くの人たちの役に立ちたいという希望を持っています。今回は本当にありがとうございました!素敵なクリスマス、そして新年をお迎えください。」と、真新しい制服に身を包み話してくれました。

(活動地:カンボジア)

 エファジャパンでは年間を通してみなさまからの「書き損じハガキ」を受け付けております。ご希望の方には、職場やグループなどで収集の際に便利な専用の収集箱をお送りしております。お問い合わせは、エファジャパンまでお願いいたします!今後とも多くのみなさまのご協力をよろしくお願いいたします。

【お問合せ】
特定非営利活動法人(認定NPO法人)エファジャパン事務局
Tel: 03-3263-0337
Mail: info@efa-japan.org

ページトップへ