すべての人々に、力を。

バンディアイデック村学童保育所にエファの理事を専門家として招聘【カンボジア】

2018年8月14日  崎川

 エファジャパンは、2017年まで自治労福岡県本部と鹿児島労働福祉協議会からのご支援をいただき、カンボジアの首都プノンペンから40km離れたカンダール県バンティアイデック村で非公式教育・寺子屋教室の運営を支援してきました。しかし、バンティアイデック村に最近小学校が建ち、寺子屋教室に通っていた子どもたちは村の小学校に通い始めたことから、積水ハウスマッチングプログラムから助成金をいただき、現在は寺子屋教室から学童保育所への移行に取り組んでいます。

 

 8月の第二週に、同助成金でエファジャパンの理事で児童館に勤務されていた佐藤千恵子さんを専門家として招聘し、バンディアイデック村学童保育所で子どもたちとの遊びの指導を実践していただきました。また、同村村長代理やコミューン(地域)評議会のメンバー、保育者、エファの協働パートナーである現地NGOのSCADP(Street Children Assistance and Development Programme)のスタッフと今後の運営について意見交換を行いました。佐藤さんからは保護者を運営にどのように巻き込んでいくかについて、また日本の学童保育所の経験などを詳しく説明していただきました。今後は、今回話し合ったことを基に保護者とミーティングを行って運営に参加してもらったり、保護者も参加できるイベントを行ったりして行く予定です。
 また、バンディアイデック村学童保育所視察の際には、カンボジアの市場に行って佐藤さんに選んでいただいた玩具を購入、学童保育所に寄贈しました。

 

(活動国:カンボジア)

ページトップへ