すべての人々に、力を。

三重県 桑名市立 正和中学校のみなさんが訪問してくれました

2018年6月7日  五味

 

 6月1日、修学旅行の「東京都内分散学習」プログラムの一環として、三重県桑名市立正和中学校の5名の3年生のみなさんが、エファジャパン事務局を訪問してくれました。    

 一行は始めに自己紹介をした後、エファジャパンの紹介ビデオを見ました。その後スタッフからエファジャパンの活動の説明を受け、更に「子どもの権利条約」や「SDG’s」についての話を聞きました。事前にいただいていた、「エファジャパンの『エファ』ってどういう意味ですか?」「子どもの権利条約に入っていない国ってあるんですか?」などの質問事項に答えた後、まとめの感想文を書いていただきました。    

 「日本ではあたりまえのことがそうでない国もあり、それを支援する活動はとても大切だと思いました」「世界中から一人でも困っている人たちが少なくなって欲しいと思いました」「書き損じハガキや古本を送ることで国際協力が出来ることをはじめて知りました」など、様々な感想を残してくれました。最後に、エファジャパンがイベントなどで行なっている、「エファジャパンクイズ」に挑戦。全問正解とはいきませんでしたが、皆で話し合って答えてくれました。正和中学校の皆さん、お疲れ様でした!

 エファジャパンでは小学生や中学生などの受け入れ授業を行なっております。時期などにより実施が難しいこともありますが、興味のある方は事務局までお問い合わせください。

ページトップへ