すべての人々に、力を。

エファ通信172号

2018年1月24日  五味

Efa************************************************************
      エファ通信172号
**********************************************************japan

みなさま

2017年も残すところ6日となりました。
寒さも本格化してきました。お元気にお過ごしですか?

12月中旬より自治労岡山県本部のスタディツアーに
同行させていただき、ベトナムとカンボジアに行ってきました。
ベトナムは初、カンボジアは24年ぶりの訪問でした。
岡山県本部のみなさま、大変お世話になりました。
エファジャパンのウェブサイトやフェイスブックでも
記事を掲載しております。ご参照いただければ幸いです。

本年はご縁あってエファジャパンに入職させていただき、
みなさまにご迷惑をおかけしつつも、何とか年末を迎えることが出来ました。
お世話になりましたみなさま、心よりありがとうございました。
2018年も、何卒よろしくお願いいたします。

年末年始、良いお時間をみなさまが過ごされることをお祈りしております。

2017年最後、12月の「エファ通信」をお送りします。

(味)

 

■■目次■■

○お知らせ○
・「書き損じハガキ」募集用の正月版新ポスターが完成しました
・「ワン・ワールド・フェスティバル」に出展します
・エファジャパン事務局の年末年始のお休みの予定

○主な動き○
・自治労各県本部に伺いました
・ベトナム活動報告
・ラオス活動報告
・カンボジア活動報告

○ちょこっトピック○
・片目を覆う連帯

○寄付情報○

○会員情報○

 

◆◆◆お知らせ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「書き損じハガキ」募集用の正月版新ポスターが完成しました
---------------------------------------------------------------
 年末年始のご挨拶の時期を迎え、2018年正月版の「書き損
じハガキ」募集の新しいポスターが完成しました。キャンペ
ーンキャラクターの「ぞーさん」と2017年の干支の「とりさ
ん」が、2018年の干支の「わんちゃん」と一緒にキラキラと
舞う雪の中、ブランコに乗っているデザインです。今回も、
毎回ご協力いただいておりますデザインボランティアの方の
力作です。来年1月から2月にかけ、全国の自治労関係各所、
また、みなさまのお近くの社会福祉協議会のボランティアセ
ンターや国際交流協会などでご覧いただけると思います。
 職場などでポスターやハガキの回収箱をご入用の方はエフ
ァジャパン事務局までご連絡ください。お送りします。
 みなさまのご協力をお待ちしております。

「ワン・ワールド・フェスティバル」に出展します
-----------------------------------------------------
 2018年2月3日(土)、4日(日)に、大阪市北区扇町の
「北区民センター」等で開催される「第25回ワン・ワールド
フェスティバル」に、エファジャパンは初出展します。
 2017年は東京で開催された、「グローバルフェスタJAPAN
2017」に久しぶりに出展しましたが、今回は西日本最大規模
の国際協力・交流のイベントである同フェスティバルに出展、
近畿地区のみなさまにもエファジャパンのことを知っていた
だく良い機会にしたと考えております。
 エファジャパンは「北区民センター」の「活動紹介ブース」
コーナーに出展します。パネルやチラシなどを使って活動の
紹介をするほか、エファグッズの販売も行なう予定です。開
催時間は両日とも10:00から17:00の予定です。今後、近畿
地区のサポーターのみなさまにお声掛けして、ご協力をお願
いすると思いますが、なにとぞよろしくお願いいたします。
 また、大勢のみなさまのご来場、並びに「エファジャパン
がワン・ワールド・フェスティバルに来るよ!」の情報拡散
をお願いいたします。 

○関連情報・写真
http://www.efa-japan.org/?p=12138

エファジャパン事務局の年末年始のお休みの予定
---------------------------------------------------
 エファジャパン事務局は、年末年始下記の期間お休みさせ
ていただきます。例年は12月29日~1月4日を年末年始休
業とさせていただいておりますが、5日もお休みをいただき、
事務局スタッフ一同、2018年もベトナム、ラオス、カンボジ
アの子ども達とみなさまの橋渡し役として、精一杯努めてい
くため充電させていただこうと思います。新年は1月9日
(火)から業務を開始いたします。ご理解のほど何卒よろし
くお願いいたします。

2017年12月29日(金)~2018年1月8日(月)

 

▼▼▼活動報告▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

自治労各県本部に伺いました
--------------------------------
 12月は、自治労兵庫県本部、岡山県本部、そして鳥取県本
部に伺いました。兵庫県本部では今年9月までご支援いただ
いた、カンボジア・プレアビヒア州の寺子屋教室支援事業の
ご報告と今後のご支援の継続のお願い、並びにスタディツア
ーのご提案をさせていただきました。岡山県本部では、後ほ
ど活動報告でご紹介するスタディーツアーの事前学習会を開
催させていただきました。島根県本部では、今後の支援に向
けた情報共有と視察旅行のご提案させていただきました。ご
対応いただいた組合のみなさま、大変ありがとうございまし
た。

(事務局長・島村)

ベトナム活動報告
---------------------
 自治労岡山県本部の組合員を中心とした8名が12月18日
~19日にハイフォン市フンティン村障がい児クラブとエファ
ジャパンの現地協力機関であるハイフォン市ソーシャルワー
クセンターを訪問されました。
 自治労岡山県本部には2015年1月~2017年12月の期間で
活動用具の提供やイベントの開催、ソーシャルワーカーによ
る戸別訪問カウンセリングなど、フンティエン村障がい児ク
ラブの活動をご支援いただいてきました。今月で支援が一旦
終了することからフンティエン村障がい児クラブの活動の様
子や当クラブの障がい児宅を訪問し生活の様子を見学され、
翌日にはハイフォン市ソーシャルワークセンターでこれまで
の支援の成果や今後の継続支援の可能性を協議しました。
 その後、一行はカンボジアへ移動し、カンボジアでのエフ
ァジャパンの活動地も訪問されました。(カンボジア活動報
告に続く)

○関連情報・写真
http://www.efa-japan.org/?p=12165

ラオス活動報告
-------------------
 自治労九州地連の組合員17名がラオスのエファジャパンの
支援地であるビエンチャン都、及びルアンパバン県を視察さ
れました。ビエンチャン都では12月12日~13日にビエンチ
ャン都立図書館、タトーン村小学校図書館、ノンブック村中
学校図書室、ラオス中央子ども文化センターを訪問しました。
九州地連には今年ビエンチャン都立図書館へ新しい図書を寄
贈いただいています。ビエンチャン都立図書館訪問では、図
書館の様子や現在の運営状況の説明を館長から受けた後、周
辺の学校から集まった子ども達とゲームなどをして交流しま
した。タトーン村小学校図書館とノンブック村中学校図書室
の見学では、学校図書館(室)及び図書がに不足しているラオ
スの現状について理解を深めました。翌日には自治労が1996
年に「ラオス子どもの家」として設置を支援したラオス中央
子ども文化センターを訪問され、センター内の施設を見学し
ました。その後ルアンパバン県に移動し、ルアンパバン県子
ども文化センターで活動の様子を見学し、子ども達とラオス
の伝統舞踊を一緒に踊り、親交を深めました。
 今回視察された各図書館(室)・センターは自治労各県本部
や関係者が建設、設置支援、活動支援を行なっています。自
治労の支援がラオスの子ども達の役に立っている様子
を組合員に視察していただく良い機会となりました。

○関連情報・写真
http://www.efa-japan.org/?p=12149

カンボジア活動報告
-----------------------
 ベトナム訪問後、自治労岡山県本部の組合員を中心とした
8名のみなさまが、12月19日からカンボジア・プレアビヒア
州の活動地を訪問されました。
 12月20日にはエファジャパンが協働しているカンボジア
の市民団体・SCADP(Street Children Assistance and Deve
-lopment Programme)が運営するプレアビヒア州・チョンク
サーン郡内の寺子屋教室を訪問、日本からのプレゼントを贈
り、子ども達と交流しました。その後、こちらもSCADPが運
営する児童保護施設に移動し、施設で生活する子ども達が練
習しているカンボジアの伝統舞踊や伝統音楽のパフォーマン
スを見学、子ども達と交流しました。伝統舞踊を見せてくれ
たお返しに、ツアーメンバーの方が日本の剣舞を子ども達に
披露し喝采を浴びる場面もありました。
また、12月22日にはイエン村寺子屋教室に学習用品等の
寄贈を行ないました。今回は教科書や子ども達用の本(100
冊超)、本棚、文房具などを寄贈しました。この寺子屋教室
には2017年度、自治労兵庫県本部とフェリシモ地球村の基金
からの支援をいただいています。現在、イエン村寺子屋教室
では1年生から5年生まで、計60名の生徒が学んでいます。5
年生の授業が今年の9月から開始、来年からは6年生の授業も
開始する予定です。
 2年生のサンさん(女子・9歳)は、「新しい教室ができ、た
くさんの学習用具もあって、とても嬉しいです。楽しく勉強
できると思います」と嬉しそうに話してくれました。また、
「今年の9月から新たに5年生の授業が行われるようになっ
て、とても嬉しいです。頂いた学習用具を使って、勉強する
のが楽しみです」と、5年生のホーンくん(男子・12歳)は目
を輝かせていました。

○関連情報・写真
http://www.efa-japan.org/?p=12165
http://www.efa-japan.org/?p=12174

 

■□■ちょこっトピック■□■□■□■□■□■□■□■□■□

片目を覆う連帯
-------------------
 2017年もあとわずか。今年も世界中で多くの子ども達が、戦
争や内戦、自然災害などでが原因で、命を落としたり困難な状
況にいます。イエメンの燃料不足問題、長く続いている南スー
ダンの紛争問題、多くの悲劇を生んでいるロヒンギャ問題、そ
してかつてない規模の難民を生み出しているシリアの内戦。
 そんなシリアでシリア政府軍の砲撃により左目と母親を失っ
た生後約2カ月の男児に連帯を示し、自分自身の片目を手で覆っ
た写真をソーシャルメディア上に投稿する動きが各国で広が
っています。トルコのメディアなどによるとこの男児の名前は
カリムちゃん。10月末にシリアの首都ダマスカス近郊の反体制
派地域、東グータ地区の市場で政府軍の砲撃に遭い、左目を失
った上、頭部に重傷を負ったそうです。その際、母親も亡くし
ました。左目の位置に痛々しい傷を負ったカリムちゃんの写真
が報じられると、今月中旬から各国の人々が片目を覆った写真
を投稿し連帯を示す動きが拡大しています。
 様々な弊害も指摘されるソーシャルメディアですが、このよ
うな動きを世界中に広げて行く大きなプラスの力も持っていま
す。来年は世界中で、少しで多くの子ども達が笑顔になれます
よう、願っています。

 

▼△▼寄付をいただきました▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

敬称略。2017年11月28日~12月25日確認分

一般寄付 計¥15,000
・団体 2

カンボジア 計¥1,460
・Yahoo!ネット募金 2件

きしゃぽん 計¥7,425
・個人 7人

 

●●●会員情報●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

※HPへの掲載は省略

 

************************************************************
特定非営利活動法人エファジャパン メールマガジン「エファ通信」
〒102-0074 千代田区九段南3-2-2 九段宝生ビル3F
Tel: 03-3263-0337
E-mail: info@efa-japan.org
URL: http://www.efa-japan.org
Facebook: https://www.facebook.com/efajapan.org
発行人: 伊藤道雄
編集担当:五味宏基

ページトップへ