すべての人々に、力を。

エファ通信168号

2017年9月28日  五味

Efa************************************************************
         エファ通信168号
**********************************************************japan

みなさま

 8月も終わりに近づき、みなさまいかがお過ごしですか?
東京の今年の夏は、梅雨が明けてからの方が、梅雨らしい気候が続いているような気
がします。
ジリジリする日差しで、いつもの夏ならパッと乾く洗濯物が、部屋中に吊るされてい
る日が多い我が家です。

 今年も広島と長崎の原爆忌を経て、終戦記念日を迎えました。
今年の原爆忌の式典では、唯一の被爆国である日本が、7月7日に国連で採択された
核兵器禁止条約に参加しないことが話題となりました。
日本が世界でリーダーシップをとって、核兵器のない世界に導く大きなチャンスでは
ないかと、
多くの人たちが感じているからだと思います。

 さて、のちほどご挨拶がありますが、エファジャパンでは事務局長が代わります。
事務局長候補として、以前エファジャパンでカンボジア駐在を務めていました島村
が、8月1日より着任しています。

 認定NPO法人となり一年が過ぎたエファジャパン。
新体制となり、今まで以上に支援地の方々のご期待、さらに応援していただいている
みなさまのご期待に応えるべく、気持ちを引き締めて活動していく所存です。
 今後とも、ご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

(味)

■■目次■■

お知らせ
・着任のご挨拶(島村)

主な動き
・「グローバルフェスタJAPAN2017」に出展します!
・ベトナム活動報告
・ラオス活動報告

ちょこっトピック
・日本サッカー協会とラオスサッカー連盟が
           パートナーシップ協定締結

寄付情報

会員情報

◆◆◆お知らせ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

着任のご挨拶
--------------------
 8月1日付けで事務局長候補としてエファジャパンに約2年
ぶりに復帰しました島村昌浩と申します。前回の勤務は6ヶ
月間程の短い期間でしたが、カンボジア駐在員として現地に
入り活動をさせていただいておりました。当時、個人的な理
由で退職という選択肢を取らざるを得なくなり、皆様にはた
いへん迷惑をおかけしましたこと、この場をお借りしてお詫
び申し上げます。この度、改めてエファジャパンに参加する
ことになり、前回の勤務でやり残したことを遂行することが
私の当面の目標です。
 90年代半ばから、スタディツアーのアレンジと添乗という
かたちで、自治労の国際貢献活動に関わり、多くの組合員さ
んたちと開発途上国支援への関わり方について議論をする機
会をいただきました。それが、開発分野での大学院への進学、
青年海外協力隊への参加、NGOでの勤務へと繋がることとな
りました。
 会員や組合員の皆さまひとりひとりに、これまで以上にエ
ファジャパンの活動を身近に感じ、自分たちの活動と考えて
いただけるために、日本で支援する側にいる皆さまと、ベト
ナム、ラオス、カンボジアで支援を必要とする人々との橋渡
しをしていくのが、私に今回与えられたミッションだと思い、
業務に邁進してゆく所存です。
 今後、よろしくお願いいたします。 

島村昌浩

▼▼▼活動報告▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼

◆「グローバルフェスタJAPAN2017」に出展します!
---------------------------------------------------------
 エファジャパンは今年、久しぶりに「グローバルフェスタ
JAPAN」に出展します。「グローバルフェスタJAPAN」は、毎
年、「国際協力の日」(10月6日)を記念し開催されている国
内最大級の国際協力イベントです。本年の開催で27回目とな
ります。エファジャパンは、活動紹介のパネル展示、エファ
グッズの販売を行なう予定でいます。他、多くの出展者によ
る展示・活動報告・各国料理のフードコーナーを始め、多数
のゲストが出演するステージや体験イベントなどが、二日間
に渡って行なわれます。本年の開催テーマは『Find your Pi
ece!~見つけよう、わたしたちにできること~』。“世界を変
えるための17の目標”(SDGs)について様々な催し物が予定
されています。今年は、9月30日(土)、10月1日(日)の
二日間にわたって、東京都江東区青海1-2の「お台場センタ
ープロムナード」にて開かれます。
 また、エファジャパンではブースのお手伝いをしていただ
けるボランティアさんも募集しています。詳しくは下記のURL
をご覧ください。

http://www.efa-japan.org/?p=11733

多くの方々のご来場をお待ちしております!

ベトナム活動報告
---------------------------
 ハイフォン市生活独立クラブのメンバーを対象にPCM
(プロジェクトサイクルマネジメント)研修を実施しました。
ハイフォン市生活独立クラブは、ハイフォン市の障がい者
たち有志が集まって2011年に結成された障がい者団体で、
最近はエファジャパンによる障がい児クラブでのピアカウ
ンセリングの実施にも協力してくれています。ハイフォン
市生活独立クラブはこれまでまとまった活動資金がなく、
メンバーによる毎月少額の積立金を使って活動を行なって
いました。しかし、今後初めてまとまった活動資金を得る
ことができるかもしれないということで、活動計画を立て
るに当たってプロジェクトの計画・立案の手法についてベ
トナム駐在員の崎川が研修を行ないました。
 今回は関係者分析を行いました。来月には引き続き、問
題分析や目的分析、プロジェクト・デザイン・マトリック
スの作成を行います。本研修終了後には、もう一度ハイフ
ォン市生活独立クラブのメンバーがファシリテータ―とな
り、自分達だけでPCMを活用した計画立案を行なう予定で
す。ハイフォン市生活独立クラブは、資金力はありません
が自分達で何とか自立した生活をしたいと思っている障が
い者たちが集まっています。彼らの活動、生活の一助にな
ればと思っています。

○関連情報・写真
 http://efa-japan-staffblog.seesaa.net/article/452813516.html

ラオス活動報告
-------------------
 7月31日~8月2日、北海道の高校生10名がエファジャ
パンの支援地であるビエンチャン都立図書館、ノンブック
村中学校図書室、カムワン県子ども文化センターを訪問し
ました。ツアーに参加した高校生達は、公益社団法人北海
道国際交流・協力総合センターにより選抜された北海道の
高校生です。最初に高校生たちはエファジャパンのラオス
事務所を訪問し、エファジャパンの職員からラオスの教育
状況についての説明を受けた後、ビエンチャン都立図書館、
ノンブック村中学校図書室を訪問しました。ノンブック村
中学校図書室では、中学生たちとゲームやお話し会などの
交流を楽しみました。その後、カムワン県に半日かけて車
で移動し、カムワン県子ども文化センターに到着。センタ
ーではゲームやお話し会の他、一緒によさこいを踊ったり、
料理をしたりしました。またセンターの活動に参加してい
る子ども達の家へ家庭訪問をして、子ども達の家族とも交
流を深めました。ラオスの教育事情を垣間見て自分たちに
出来ることを考え始めた高校生もいました。
 高校生達は今回のツアーに参加するため、日本でラオス
の社会や文化について学ぶ研修を2回受けてラオスに到着、
日本に帰国後もまた研修を受け、更に各高校での報告会も
予定されているそうです。今回のエファジャパンの支援地
の訪問・交流の経験を通して、感受性豊かな高校生達が異
文化を学ぶ楽しさや大切さを感じてくれれば幸いです。

○関連情報・写真
 http://www.efa-japan.org/?p=11749

■□■ちょこっトピック■□■□■□■□■□■□■□■□■□

日本サッカー協会とラオスサッカー連盟が
               パートナーシップ協定締結

---------------------------------------------------------
 7月18日、公益財団法人日本サッカー協会(JFA)は、エ
ファジャパンが子ども達の支援活動を行なうラオスのサッカ
ー連盟とパートナーシップ協定を締結しました。今後3年間
に渡って、選手育成や親善試合およびトレーニングキャンプ、
指導者養成やサッカー施設の運営などの分野におけるサッカ
ーの促進を目的とした各種交流および知識共有を行ない、両
国のサッカー発展のため、積極的に相互協力を図っていくそ
うです。このニュースを読んで知らべてみると、現在JFAは、
今回のラオスを含めて16ヶ国とパートナーシップ協定を結ん
でいるそう。アジアでは他には、香港、モンゴル、シンガポ
ール、タイ、ベトナム、と協定を締結しています。
 スポーツを通じた国際協力は現在、2020年の東京オリンピ
ック開催とも相まって、国内でもスポーツ庁を中心に国家的
な大きな動きになっている他、サッカーのみならず様々な競
技でも盛んに行なわれています。「もっと上手くなりたい!」
という、スポーツ全般に通じる競技者の想いは、どの競技の
競技者もが持つ想いであり熱意です。その想いには、どこの
国で生まれたかなどは関係がありません。だからスポーツを
通じての国際協力は、普遍的な価値があるのだと思います。
 翻って、ラオスでエファジャパンは、公共図書館や学校図
書館の設置、運営の支援を行なっています。「もっと様々なこ
とを知りたい!」という想いも、万国共通な想いだと思いま
す。ラオスの子ども達のそんな想いに応えられるよう、これ
からもしっかりと支援活動を行なっていこうと思っています。

▼△▼寄付をいただきました▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

2017年7月25日~8月21日確認分

一般寄付   計¥51,520
・個人1人
・団体2 

カンボジア  計¥2,027
・Yahoo!ネット募金

きしゃぽん 計¥38,912
・個人8人
・団体1

ようちえん 計¥1,000
・個人1人

●●●会員情報●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

敬称略。2017年7月25日~8月21日に登録の方

※HPへの掲載は省略

****************************************************************
特定非営利活動法人エファジャパン メールマガジン「エファ通信」
〒102-0074 千代田区九段南3-2-2 九段宝生ビル3F
Tel: 03-3263-0337 E-mail: info@efa-japan.org
URL: http://www.efa-japan.org
発行人 伊藤道雄 編集担当 五味宏基

ページトップへ