すべての人々に、力を。

フェリシモ地球の村基金で寺子屋教室の教室を建設、文房具を寄贈

2017年9月10日  崎川

イエン村寺子屋教室では村の集会所を利用して子ども達は勉強していますが、スペースが限られていることから、2つの学年(1年生と2年生、3年生と4年生)の授業が同時進行しているのに加え、5年生と6年生の授業は行われていませんでした。

そこで、フェリシモ地球の村基金から助成金をいただき、集会所と同じ敷地内に寺子屋教室専用の教室を建設し、机や椅子、文房具を寄贈しました。その結果、5年生の授業も開講でき、現在は、1年生と2年生は新しく建設された教室を使用、3年生~5年生は村の集会所を使用し、授業を受けています(ただし、先生の人数、スペースがまだ限られていることから1年生と2年生、3年生と4年生は複式学級を採用しています)。

5年生を終了した子どもが継続して勉強できるよう、今後は6年生の授業も開講していく予定です。

(活動国カンボジア)

新しく建設した寺子屋教室

寄贈した文房具

教室内の様子

授業を受ける子ども達

ページトップへ